つくろう!釜敷き

かまどにはめこんで使う昔のお釜は丸い底でした。平らな所に置くために使われたのがこの釜敷き。

お赤飯を炊いたり、餅つきのお米を蒸すときに、釜とセイロの間にはさんで安定させるためにも使われていたそう。

 

山口市産のもち米の藁を使って釜敷きを作るワークショップです。すぐって落ちた藁を丸めて芯に、細縄を綯いながら芯にからげて巻きつけていきます。

置いて良し!掛けて良し!飛ばして良し!の釜敷き。ぜひ作る楽しみも味わいにいらしてください!

つくろう!釜敷き

 

□日時:3月28日[土],29日[日]/4月1日[水] 10:00-13:00(予定)
※ご都合の良いお日にちをご予約くださいませ!
□場所:森重生活用品店前
□お代:材料費・受講料込  1,500円
□持ち物:はさみ・タオル(汚れても良いもの)
□定員:各回4名さま程度 ※申し込み先着順とさせていただきます。

春休み、お子様連れも大歓迎です。お外での作業になります。釜敷き DE 輪投げ大会も実施予定!

ぜひご一緒にお越しください!

上記の日程は参加が難しいけど、「この日なら行けるよ!行きたいよ!」という方!メールでもお電話でも、どうぞご遠慮なくおたずねくださいませ!

お問い合わせフォームのメッセージ欄に、お名前とご連絡先をご入力くださいませ。